安全機能付マイコンメーター

マイコンメーター

マイコンメーターは24時間ガスの異常を判断し、ガスを元で自動的に遮断する安全機能が付いたガスメーターで、ブレーカーの役割を果たします。

次のような場合ガスが止まります。(遮断機能)

  1. ガスが異常に流出した場合 ゴム管の外れなど
  2. ガスを長時間使用した場合 ガス機器の消し忘れなど
  3. 感震器が地震などを感じた場合 大きな揺れ(震度5相当以上)など
  4. ガスの圧力が低下した場合 ガスの供給不良など
  5. ガス警報器が作動した場合 マイコンメーターと警報器が連動

マイコンメーター遮断状況

注意
ガスの微量のもれなどで、30日以上連続して感知した場合はガスが出る状態で、赤いランプが点滅します。

※イラストのマイコンメーターは、都市ガス用です。
LPガスをお使いのお客様は、お問い合わせ下さい。

マイコンメーター

マイコンメーターの復帰手順

ガスくさくない場合に下記の手順に従って復帰作業を行って下さい。
下記の手順でもガスが出ない場合は、松江市ガス局へご連絡下さい。

  1. ①ガス機器の元栓を閉じるか運転スイッチを切り、すべてのガス機器を止めてください。屋外の機器も忘れずに。
※このとき、メーターガス栓は閉めないでください。
  2. ②復帰ボタンのキャップを手で左に回し、キャップをはずしてください。
  3. ③復帰ボタンを止まるまでしっかり押して、表示ランプが点灯したらすぐ手を離してください。
※キャップは必ず元通りに取り付けてください。
  4. ④約3分間待ちます。
※この間にガスを使用しないでください。
※マイコンがガスの異常が無いかを確認します。3分経過後に、再度ガスメーターをご確認頂き、赤ランプの点滅が消えていれば、ガスが使えます。
マイコンメーターの各部位

※イラストと写真のマイコンメーターは、都市ガス用です。LPガスをお使いのお客様は、お問い合わせ下さい。

約3分経過後に赤ランプの点滅が消えていれば、ガスが使える状態となります。
点滅が消えない場合は、松江市ガス局までご連絡ください。
ページの先頭に戻る