冬季の凍結対策について

 冬本番を迎え、気温の低い日が続いています。
 
 気温が下がると、ガス給湯器や給水・給湯配管の中の水が凍結することにより、給湯器が破損したり、お湯が出なくなる恐れがあります。
 
 凍結の恐れがある時は、事前に予防策を実施いただきますようご案内いたします。
 
 ※風が通るところに設置してある給湯器、北側に設置してある給湯器などは、特にご注意ください。

2017年12月28日(木)
ページの先頭に戻る