ガス局のあゆみ(沿革)

大正元年
松江市において関西ガスKKがガス事業を開始
大正7年
原料の石炭の暴騰により事業の継続が困難となり廃業
昭和5年
市営により、ガス事業を開始(供給戸数1,447戸)
昭和27年
地方公営企業法の施行、「公営企業部ガス課」へ改称
昭和33年
地方公営企業法の一部改正に伴い、「企業局」へ改称
昭和35年
付帯事業として液化石油ガスの販売を開始(供給戸数1,220戸)
昭和38年
原料の石炭を廃止、全面的にオイルガス(原料ナフサ)を供給
昭和40年
標準熱量を3,600kcal/m3→4,500kcal/m3へ変更
昭和42年
企業局の改革により、「企業局ガス部」へ改称
昭和54年
企業局の独立化により「松江市ガス局」へ改称
同年
原料をナフサからブタンへ転換
平成元年
ガス機器展示ホール(ガスライフ)完成
平成4年
都市ガスの供給戸数が15,000戸を超える
平成12年
平成町へ南工場(LNGサテライト設備)第1期分新設
同年
橋南地区を天然ガスへ転換(約6,000戸)、天然ガスの供給を開始
平成16年
南工場(LNGサテライト設備)第2期分増設
同年
橋北地区天然ガスへ転換(約11,000戸)、市内全域へ天然ガスを供給
ページの先頭に戻る